戌の日に


11月30日は戌の日、この日当社では安産祈願が三件。それも皆さんよくお参りに来られている方で、すでに子授けの祈願や家庭百日行をされている方ばかりです。古来より、不思議なことは続く、類は友を呼ぶと言われていますが、丁度今回の社報の「おがけばし・神徳記」に、子供の誕生の話が続いたので準備していたところ、子供を授かった報告が新たに続きました。
産土様の御神徳は人に魂を授け、その魂の成長を守ってくださる、私たちの魂の親です。この日の出来事は17ヵ村の惣産土である神様の御神徳の顕われと思い嬉しく有り難く思いました。

母親は十月十日、日々成長していく重たいお腹を抱え大変な思いをしますが、実際に「今日は心臓を創る」とか「明日は手足を創る」とか言って赤ちゃんを創っている人はいません。

それは正に神業、粛々と精密に神様が創っておられるのです。そこでは親は心の平安を心掛け食事に気をつけながら、只ひたすらに神に祈ることしかありません。
命の誕生とは本当に神秘で、まさに「神のみぞ知る」です。
生命は神の顕れ、神の領域です。そして、生命のことは人は一切分からない。明日、自分の命がどうなっているかさえ…分からない。命は神様任せ、神様にゆだねられているとしか言いようのないものです。人は神なしには生きられないのです。

七五三と日の丸


今年もかわいらしい子供達が晴れ姿で七五三の祈願を受けていました。神様にこれまでの成長を感謝し、お祓いを受けられると、清々しく晴れ晴れとされます。

いつも感じるのですが厳粛なご神前で儀式を行うと子供達の意識が変わり顔つきが心なしかしっかりとします。人生の通過儀礼とはよく言ったもので人は節目節目で成長していくようです。
当宮では七五三の記念品にお守りと飴と文房具の他に『日の丸の旗』を差し上げております。
日の丸を振ってはしゃぐ姿は可愛いものです。そのきっかけは海外赴任の商社マンの子供が入学の面接で国旗と国歌について尋ねられ答えられず入学を断られそうになったそうです。国という意識をしっかり持っている外国人には、自国の国旗さえ知らないと言うことは家庭に教育力が無いと思ったのでしょう。
在る高校の海外修学旅行中、スポーツ観戦をしたその際、国旗掲揚・国歌斉唱の時に起立しなかったことで、教師も生徒も全員退場させられたそうです。
国旗や国歌に敬意を払わないことは、世界のどこに行っても常識がなく社会性が欠落していると受け取られます。それは、自国に誇りを持っていないから他国に敬意をはらわないのです。
家庭において日本の歴史や文化、宗教や民族性を誇りを持って、子供に伝えていきましょう。

「日の丸」の白は素直な心、赤は日出づる国の象徴太陽を表現したものです。

Q 子供が夜泣きを


子供が夜泣きをしております。実家の母が虫封じをして貰えと言っておりますが、何のことかお教え下さい。

A= 虫封じと言うおまじないやご祈祷があります。いわゆる疳の虫を封じるわけです。当社にもいくつかのご祈祷のやり方が伝わっています。夜泣きだけでなく夢遊病や情緒不安な時の精神安定にも効果があるようです。また、万霊供養(施餓鬼)を同時に行うことがよくあります。
御祈願をするとピタッと治ってしまう事が多いものです。

テストです


シンプルすぎですかねえ

レンサバさんの独自ブログもヨカとですけど・・・
こういう風に日記風に書き連ねていきながら、これをカテゴリー分けしていくことで、文章のデータベースができると!

テキスト主体のうちの場合はこれがヨカとかもしれません。