産土百首 (下巻) 本田親徳翁

  産土百首 (下巻) 本田親徳翁 従五位平朝臣親徳謹詠

51、 産土の 神居まさずば 吾が霊を 神府(かみのみかど)に 誰か送らむ

52、 人霊(たま)の 楽し悲しと 活動(はたらく)は 其の産土の 在るにこそよれ

53、 産土の 吾が皇神(すめがみ)は 萬世に 霊体(みたま)守らす 神にこそあれ

54、 親の親 子の子の末も 産土の 神の恵みは 尽くる時無し

55、 産土の 神の御稜威(みいづ)を 知らずして 異(け)しき蕃神(からかみ) 仰ぐ世の人

56、 安らけく 如何で渡らむ 産土の 神の御(み)幸(さち)の 世になかりせば

57、 産土の 神の心に 適いなば 家に宝に 富み栄えなむ

58、 産土の 神祈りして その後に 天地(あめつち)の神は 祈るべきなり

59、 産土の 厳の鳥居は 霊(たま)と体(み)の 穢(けが)れを祓う 門にこそあれ

60、 祈るべき 吾が神置きて 他村(ことむら)の 産土拝む 人は惑(まど)えり

61、 穀物(たなつもの) 秋の初穂は 産土の 神の御前に 捧ぐるものぞ

62、 衆(もろ)神は 吾が産土の 神祭 祭りて後に 相祭るべし

63、 産土の 霊招(おぎ)ますか 旅人が 己が国村 慕ふを見れば

64、 旅衣(たびころも) 重ねし我も 産土の 霊(みたま)思えば 涙ぐましも

65、 産土は 貴き物かも 山(やま)人が 都(みやこ)見捨てて 帰るを見れば

66、 産土の 霊の露の かくしこそ 綾に染めけめ 百(もも)の樹花(このはな)

67、 安らかに 高枕して 居ることも 其の産土の 幸にこそあれ

68、 物皆は 其の産土の 賜物ぞ 人の手力(たぢから) 何を成しえむ

69、 目に見る物 耳に聞く声 悉く 吾が産土の 神の御幸(みさち)ぞ

70、 吹く風も 雨降る音も 産土の 神の御声と 聞けよ産子等

71、 遠郷(とおさと)に 身はし在れども 産土の 神の恵みは 忘れかねつも 

72、 皇軍(みいくさ)の 中にありても 産土の 夢見る宵ぞ 我は楽しき 

73、 敵人(あだびと)の 矢串に向かう 武夫(もののふ)も その産土は 思ひ出づらむ

74、 人はよし 如何(いか)に言うとも 産土の 神殿(みとの)守(まもり)と 成るべし我は

75、 霊魂(たましい)に 玷(きず)付けずして 産土の 神に帰すぞ 人の道ぞも 

76、 霊魂の 道の行く末は 産土の 神の宮辺(みやべ)ぞ 初めなりける

77、 目の前に 産土の神 立ちまして 魂の善し悪し 見給うものぞ

78、 産土の 神の耳眼(みみめ)は 大山を 隔てたりとも 見透しにます

79、 秘事(かくしごと) 人とは知らずも 産土の 神は熟知(よくし)る 慎めよ人

80、 各々の 胸腹内に 産土の 神隠れます 恐れてよ人

81、 霊魂(たましい)の 帰り着くべき 産土の 神を神とも 知る人の無き

82、 賢(さか)しらに 言挙(ことあ)げなせそ 産土の 神の正道(まさみち) 聞き知らずして

83、 彼もまた 神の産子ぞ 我もまた 神の産子ぞ 美(うるは)しみせよ

84、 久方の 雲の上人も 草野なる 蒼人草(あおひとくさ)も 産土の子ぞ

85、 家居(いへい)無き 野の末山の 奥山も 産土の神 居まさぬは無し

86、 青雲の 向伏(むかふ)す限り 産土の 神の御霊(みたま)の 至らぬはあらじ

87、 産土の 皇神(すめかみ)置きて 吾が霊の 帰り着くべき 八十隈(やそくま)は無し

88、 独り行き 帰らぬ旅を 産土の 神の命(みこと)ぞ 誘い給へる

89、 唯(ただ)頼め 産土神を 唯頼め 唯今の世も 唯未来(さき)の世も

90、 善し悪しき 霊(たま)の審判(しらべ)を 産土の 神府(かみのみかど)は 定め給へる

91、 産土の 神不在(いまさず)ば 愚かなる この吾が魂を 誰か救はむ

92、 千萬に 神は居ませど 産土の 吾が皇神は 身守りの神

93、 阿弥陀(あみだ)等が 言喧(さわ)ぐとも 産土の 吾が神達は 微笑みますべし

94、 産土の 神達祈り 子孫(うみのこ)の 八十(やそ)次々に 栄(さかへ)行け人

95、 修身(みをおさめ) 斉家(いえをととのふ) 道こそは 産土神の 道の本なれ

96、 前の世も この世も後の世の事も 産土神ぞ 主宰(つかさどり)ます

97、 産土の 神な忘れそ 産土の 恵みは後の 萬世までに

98、 産土は 目に見ゆる神 産土は 耳に聞く神 頼め世の人

99、 霊魂の 汚れを祓ひ 産土の 神の愛子(めづこ)と 居ませ世の人

100、  産土の 神許(みゆるし)し有りて 天地(あめつち)の 神は諾(うべな)ひ 給ふべきなり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。