ウブスナにふれる2


魂の原点という神の御元に返ることを、日本では皇室をはじめ地域毎の土地の神々の元で行ってきたのです。「和の国、大和国」日本とは御神霊の魂から来る働きの中にある和御魂によって、人々は善良で穏やかで争わず助け合って世の中を創っていく使命を自ずと持つことわりを表現していると思っております。これを命持ちと言い、神様にそして人にも御名にミコトとあるのはその者が神であり、神の使命を持っていることを表しているのです。
人はすべての者がこの神のミコト持ちであり、神の神聖とその使命を持つと言うのが、日本人の考え方です。それで差別の少ない平等な国を保ってきたのです。

日本は明治から西洋文化を追従し、文明開化を謳い富国強兵したお蔭で植民地にはされませんでした。そして、戦後は占領政策によって日本本来の思想文化を教育をはじめ社会制度の中で変容させられてきました。そして学校教育では日本文化について学ぶことは絶えてありません。社会科で習うと言う方も居られるかも知れません。習ったとしてもほんの概観だけです。本質は何も分からずじまいで、家庭教育で伝えなければどこの国の人か何人か分からない者になってしまします。それを宇宙人といてるようですが、それでは日本がやがて無くなってしまいます。

只今、御世代わりの時ですから、御神霊の働きが強くなるときであります。御神霊は人の祈りを受けその働きを強めるとは古来からの伝承です。
個人ご家庭の幸福はもちろんのこと、地域国家の安全平和を祈り、少しでも幸せにそして人として立派にならせて戴きましょう。
神国日本と言われることわりそのままに、より素晴らしい日本の将来を迎える為に、家庭でのお祈りをはじめ神社に出向いてのお祈りを皆様にお願いし致します。また、神社と言わず神仏ご先祖が私たちとは異なる世界に居られ見えないとは言え、天体の運行と同じく片時も休まず活き活きと活動されていることを常に思って戴ければ祈りは必ず通じるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + two =