ウブスナにふれる

ウブスナとは産土神のことです。ウブスナとは人が知らずとも関わっている神であり命の元、命を命たらしめている神聖な存在。この世に見える姿としては、その多くが土地の神や氏神と言われる神社の御祭神として祀られています。

日本の昔ながらの考え方(生き方・世界観)は随神=カンナガラ、古道とも古神道とも言われています。それは古代日本人がウブスナと関わりながら生きていくところから形作られてきました。日本人の生き方はウブスナとの関わりそのものなのです。ウブスナとは母なる大地であり、人の命の大元であり、命そのものと言ってよいほど、人とウブスナの神は深く結びついています。日本人は人は神様と親子関係であるとして、命の元を畏敬する生き方を続けてきました。私ども人類は「神の御末」つまり人は神様由来の生き物であるとしながら、暮らし神々に畏敬を持ってきました。

私どもを生かしている自然環境や食べ物となる動植物も人と共に神様由来の物であるとしています。そのようにして日本人の感性は自然と共生する日本人の生き方を創り上げてきました。
それで自然を畏敬すること、生命やその元つまり親や先祖を大切にすること、動植物をはじめ山川などの大地や自然現象にまで命の息吹を感じ、そこに神聖さを見出して共通の命の働きに畏敬を持って接してきました。しかしながら、今私たち現代人はウブスナとの関わりを意識することが急速になくなってきています。

御世代わりに際して、ウブスナの継承が行われます。火嗣ぎ(霊嗣ぎ)とも言われるこの祭は世の中の生命の更新が行われるという意味であります。それで昔は潔斎して忌み籠もりをしておりました。天皇陛下が行われる大嘗祭によって、国をはじめすべての命が更新されると考えられておりました。正月を一年の命の更新として、神から命(恩賴=ミタマノフユ)を頂くとしております。そのことが月毎や日毎に繰り返されるとして神社や家庭で祭祀が行われてきました。

日本人のこの素朴な考えは、人に内在してる魂から来る物で、世界人類が誰しも共通に持っていた筈の物です。人が私欲を持ち、理性によって合理的な考え方を続けるとき、魂から来る感性は遮られ途絶えてしまいます。その時は一度無心になり、一切の捕らわれ関係性を断ち切らなければ原点には戻れません。実は多くの社会儀礼、宗教儀礼の本質はこの魂の元(神々=命の元=天御中主神=グレートサムシング)に帰り着くことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。