通じ合うということー見えざる物を貴ぶ 心を養う2


都会で自然環境の規模も小さいので、この地は自然環境がケガレを浄化するには不十分です。それで神主が潔斎して神霊の祓いをお願いし、なおかつ熱心な氏子さんがいてこそ保たれています。
それで祈願の量を調整したり、熱心で清らかな方にご神霊の増長弥栄をお祈りして頂き神社護持のお手伝いと共に家内安全と霊性向上の祈り(崇敬会)をして頂いております。
参集される皆様の真心の積み重ねで奇跡的に今の状況を保っていると拝察申し上げており、お陰様でその真心に答えて頂く神霊のご守護のあらたかさを深く感じております。
これらのことは人が心もその意識も肉体も他の存在と通じ合う同調することの現れです。これを感応同行すると言い、古語では感(かま)けると言っております。このかまけるというと心奪われ捕らわれると言う意味合いで、知らない内に何か見えざる物に心奪われる、我を忘れてしまう、憑きものされてしまう、という感じがあります。
自分自身のことを思い返せば思い当たるところが多々あり、気がつかない内に周囲からいろんな影響を受けていることがあります。自分の体調をはじめ物の好き嫌いや嗜好、思想や思いつきなども作用されています。「朱に染まれば赤くなる」とは言いますが、つきあいの大切さその影響は知らない内に人の霊性にまでも作用しますから大変恐ろしいことです。また改めて自分を省みれば色んなことにかまけて人生歩んできた訳で、良いも悪いも判断できてないことが多く、運良く此処に居るという風に思えます。
ご縁が大切とは言いますがそれを取捨選択したのは自分自身というより神様のお力。「困った時の神頼み」と言いますが、「困らぬ先に神頼み」して神に手を引いて頂き、神の杖を頂きお支えして貰ってやってこられたと思います。お陰様(神様)に気がつかない内にお支え頂いたのでした。

知らない内に様々なモノと通じ合う私ども。体と心、その間に関わる気や幽体、アストラルなど正邪の区別なく存在しております。正神と正佛とモノノケの区別は人の知恵では区別できません。神を祈り想う真心だけが正神に感応し自ずと邪を避けていくとされています。
体や心、気=幽体のケガレはモノの祓いで取れていきます。例えば禊ぎをする、祈り祝詞を唱える、お祓いを受ける、人形祓いなど。しかし、魂にかかるケガレは鎮魂によって正神界の神気を直接受けなければ祓えないとされております。
鎮魂法(真の修行=神と通じる法)は真心を練り鍛えることだとされる所以がここにあります。

本来なら秘して語らず。口伝とされ、教わるべき境涯に足しないと誤解を生みやすく、注意して語るべきところまで申し上げております。それほど世は危機的な状況となっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + nine =