通じ合うということー見えざる物を貴ぶ 心を養う


先日久しぶりに朝まで寝付けない日があり、気がつけば、その日には相談を受ける予定がありました。内容はうつ病になり仕事に行けなくなっているとのこと。
ふと眠れますか?問うと「昨日は一睡も眠れなかった」との答えがありました。自分が眠れなかったのはこのことだと実感しました。相談や祈願で人に会う場合は相手がそのことを強く意識しているので、祈願者や相談者の病気の場所や傷みの感じが遷ってきやすくなります。本人だけでなく家族や知人、亡くなっているご先祖のことまで伝わってきます。

感受性の高い方は良い場所や苦手な場所を感じ取ります。そして人や物にも同じように感じられる方が多いものです。そのことに気付くのは苦手な場合へ行くと何となく嫌な感じを受けることや疲れるということからはじまります。このような感受性を持っておられる方でも薄々気づいてはいるけど本人には自覚がない方が多いです。
感じることに自覚的になるとさらに敏感になり首が詰まり肩が凝る、足が重くなる、頭が重い吐き気、咳が出る、喉が渇くなどの軽い違和感を感じるようになります。そして、そのようなことが起こりえることを体験的に気付き、そのことを許容すると常に様々な気・波動に気付くようになります。人によっては過敏になり体調を壊しやすくなりますので注意が必要になってきます。※(この感受性に自分の思い込みや幻想が重なり、思い込みを現実のように感じ出す事があります。この時、現実と妄想を峻別しなくはいけないのですが、自分の心を自分で制御する危うさがあります。誰しも自然に行っていることなのでしょうが、これが上手くいかない時、心の彷徨が止めどなく続くようになるので細心の注意が必要です。)

痛みなどの辛い症状を感じだし何らかの病気に罹ったのではと感じ、例えば風邪を引いたと思い薬を飲んだり病院に行くことになることもあります。物理的に体に症状が出たならそれに対処することも必要です。漢方的な対処療法は汚気を出すと言う意味合いもありお祓いの祈願と同じく体調を取り戻すには効果的です。

良い場所や気の良い人に会うと体が楽になり、頭がスッキリして気分が良くなります。人混みや雑踏を避けて海岸や森林浴や河辺などの、自然豊かな場所に人が行くのも気の良さを感じてのことです。お祓いを受けるとスッキリして清々しく感じるのはケガレが祓われるからです。当社にお参りに来て下さる多くの方から、ここに来ると気分が良くなりスッキリすると言われます。当社は都会の中では緑豊かと言えるのかも知れませんが、残念ながら大きな森や川、海はありません。しかし、小さな森ですが自然の気に高貴な神霊の気が降りており、大袈裟に言うとこの世の至宝と思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 3 =