「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録3


〈兆(きざ)しを知るはそれ神か〉

予兆(兆し)とは見えない世界からの知らせ・伝達であり、神功皇后さまは「よく未然(未来)のことを知悉しておられた」と記紀にあるが、古代人が大自然から神の教えを学び取り、よく気配を察することが出来たのは神や大自然に対して謙虚だったからである。季節の訪れ(おとない)は目には見えないけれど、残暑厳しい中にもいつの間にか次第に秋が深まっている。そして、実はその中にもう、すでに確実に冬将軍が忍び寄って来ているのである。こうした、四季(季節)の移ろいの中に微妙な変化の兆しを感じ、読み取る力が私たち人間には誰にも生まれながらに備わっているものである。

 

〈二宮金次郎と秋(あき)茄子(なす)の話〉

天保の飢饉の時、国中で餓死者は数十万に達したというのに、桜町領の三カ村では金次郎さんの先見の明と適切な指示によって三千三百七六俵の備蓄があったので、それを食い、足らないところは稗で補い、一人の餓死者も出さずに済んだという話は誰もが知る有名な話である。江戸の三大飢饉といえば享保・天明・天保(四年・五年)の飢饉を指すが、天保四年(一八三三)、金次郎四七歳の時のことである。この年は関東地方のみならず、全国的に凶作の年であった。天候不順で、夏の初めから幾日も雨が降り続いた。金次郎さんは前日の残った冷や飯に水をかけて食べるといった御方であったが、ある時、宇都宮で昼食のおかずに出された茄子を食べていると、初夏だというのに、秋茄子(なす)の味がした。驚いた金次郎さんは外に飛び出して、稲や道端の草を調べてみた。すると、根は普通であったが、どの稲も草も、葉の先が衰えていた。土の中は夏であるが、地上は既に秋になっていることが分かったのである。「これは只事ではない。これからの気候を予測すると、今年は陽気が薄く、陰気が盛んなのに違いない。これでは今年は農作物が実らないであろう。すぐ準備にかからないと百姓たちは飢饉に苦しむことになるだろう」と金次郎さんは直感した。「陰陽の理」といって、陰陽のめぐり合わせから気象を判断する手法を知っていた。
「今年は作物が実らないから、凶作への準備が必要である。ただちに地下に出来るもの、すなわち、芋、大根、かぶなどの飢饉に強い野菜の種をまくように。それと同時に一町歩に二反歩ずつの割合で冷害に強い稗(ひえ)を蒔くように。そして稗が実ったら、これを必ず蓄えておくのだ。そのようにすれば、どの家にも畑一反歩の年貢を免除する」と指示し、これを村人たちに実行させたことによって、飢饉による被害を見事に回避したのであった。
一体、「転ばぬ先の杖」とか「後悔先に立たず」とはどんな教訓であるのか。人はいつも「まさか」「この位」などといった甘さが生命を失い、一家や国家を途端の危機状況に陥れるのである。「想定外」など、あろうことか。それは愚かな素人(しろうと)どもが口にするセリフである。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」というが、現代人は敵ばかりか、己のことすらも知らず、まったく傲慢の極にあり、猿以下に成り果てたのである。大自然(神)や親・先祖の御霊との関係が切れているが故に、神の手紙も読めず、迫り来る危機にも鈍感そのものであり、外の気配がまったく読めなくなってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five − 2 =