神道  日本人の生きる道(九)  ー質疑応答編2ー


私の個人的な疑問で皆さんにも聞いて頂きたい事をお話します。

◎ 至霊・直霊を「頂いている」「賜っている」と言いますが、そうするとそれは自分とはまた別の存在で、自分自身とは言えないと いうことでしょうか?

決して別の存在というものではありません。本当の自分自身、本来の自分なのです。不可視の霊魂のことは頭で如何に考えても決して分かるものではありません。
一霊(直霊)と四魂、肉体とは普段、ピッタリと別れ難く結びついて一体化しており、そのため、一般人にはどれが直霊、どれが四魂、どれが魄(はく)などと、分けて解することは不可能ですが、霊學の修行者にはこれがハッキリと分かる ものです。

◎ 幽の祓いと、我が霊・我が体、の話は違う次元の話でしょうか?
幽の祓いを受けて祓われるという事と、「他神ありてこれを護るにあらず」という事は矛盾するのではないかと疑問に思いました。

事の大小といった、違う次元の話ですね。なにも矛盾しないと思います。誰でも子供の時、「自分のことは自分でしなさい」と親から教わります。ところが、自分でもどうにもならない、己れの身に余ることが起きた時には、親に助けてもらったりするものです。

世間の人は神や佛というものは「外にのみある」と錯覚し、かたくなに思い込んでおり、己(おのれ)の身の内に生まれ乍らに神授の霊魂(産霊神の分け霊)が宿っているということを全く知りません。
だから、外に守護霊や守護神が居るなどと思い込み、そしてそうした ものが自分たちを守っているのだとスッカリ錯覚しているのです。まったくもって無知の極にあるというべきでしょう。

私たちは誰であっても「神の子である」ということをしっかり自覚し、もっと「自分の尊さ」に目覚めて、どこまでも己を大切にし、巷のおかしな宗教などに騙(だま)されないように、穢(けが)されないように十分注意して、自分自身を大切に、大切にして戴きたいと切に願います。

人は皆、自分の判断や考え、自分の意志で日々に自分の肉体を動かし、また、人生を営んでいるのではないですか?どなたも自分自身に問うてみて欲しいのですが、あなたは毎日、守護霊や守護神、 背後霊の言葉や命令でその通りに動いているのでしょうか?
だとすれば、あなたは人として何の尊厳も誇りも無い、単なる霊的奴隷というか、人間ロボットにすぎないのですネ?そんな生き方のいったいどこに、「人間的な成長」があると いうのでしょうか?
私たち人間は他人やある何者かの指示を受けて生きるべきでは ありません。お釈迦様が無くなられる時、アーナンダに「自灯明、法灯明」と教えられました。それは「自らを拠り所とせよ」「自分自身が頼りなんですよ!」ということなのです。
私たちはどんなに苦しくとも、それに負けないで、苦心惨澹(さんたん)しながら自己の創意工夫と不断の努力によって、なにごとも「苦労の花を咲かせる」ところに喜びもまた一入(ひとしお)のものが あるのであり、神はどこまでも人間に「努力することの尊さ」を教えられるものです。
上記の質問の意味が判然と致しませんが、私たちは普段、自分こそが一番頼りなのです。「己れを信じて」生きることです。自分の本体は神なのですから、いつも自分自身(自己の神)が自分を守っているのです。記紀の「大己貴命の國作り」条、「大己貴命の幸魂・奇魂との邂逅」(我れあるによりての故に…)の段をよくよく味わい、正しく理解して戴きたいですネ。

そしてもしも、自分自身(肉体と霊魂)が穢れた時には、本来の自分自身(直霊)の親神でもあり、霊魂の故郷 ( ふるさと ) である神界からの神気に触れ、魂を祓い清めて戴くのです。「魂の汚れ」 (穢れ)というものは単なる祓いでは清まりません。しかし、鎮魂力のある人が祓えば、必ず祓われます。

具体的には鎮魂法や帰神術によって正神界の神気によって穢れの一切を祓って戴くのです。一体、その何処に矛盾がありましょうか?(渡辺)

◎ 天照大御神の天岩戸隠れの神話で、天宇受賣命が神懸かり された事が記されていますが、それはつまり独りで神懸かりなさった という事ですか?
また、その際「お懸かりになった神様」はなんという神様であられたのでしょうか。というものです。

「神懸り」(帰神術)というものは神界から神霊を招き呼び、神と直接して神教を戴くことです。
そもそも「神に神が懸る」というのはおかしな話とは思いませんか。『古事記』に書かれている「神懸り」という文字は、神霊をお迎えする時にはこのようにするのだ…という古代人の習俗が示されているのであり、強いて言うならば、「八百万の神々の総意」を天宇受賣命が神懸り状態(意識の変容状態)に入って天照大御神にお伝えしたというわけです。それによって、天照大御神が天石屋戸からご出御になられたのですから、神懸りは大成功であったわけで、この場合、決して「天宇受賣命に何々の神が憑った…」などというものではありません。
そうした神話の読み方では我が国の古典は永遠に分からなくなります。

この『古事記』(天石屋戸条)は神意を冒涜したら、いかに恐ろしい結果を招来するかということ、「神律の厳しさ」が説かれているのです。

今、世間に五万と出回っている『古事記』に関する多くの解説書は、それぞれ個々人の勝手な解釈ばかりであり、『古事記』を何にも分からない者たちが書いているのですから、例えそれらの書を読んでも『古事記』が語る真実は決して分かりません。

『古事記』は当時の諸豪族たちが有していた帝紀や本辭を太安万侶卿が神懸りによっていちいち神界に質して、正しいもののみを一本にリンクしてまとめあげた書物なのですから、神懸りや霊學に精通しない者たちの、ただ単に言葉だけの解釈、字訓だけの理解では、その真意を読み誤りましょう。

『古事記』は宇宙の成り立ちや生命の神秘、クニの形成、神律といったものが説かれており、また、貴重な預言の書でもあるのですが、その密意や尊さが分かる者はおりません。(渡辺)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × four =