ケガレ・祓へ・潔斎

☆ケガレを祓うと一般に言っていますが、まずは汚れたものをすすぐイメージがありますね。

それでは実際にはケガレをどのように捉えているのか述べてみます。
人は五感=視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚、そして第六感を通じていろんな事を感じ取り判断の材料にしています。ケガレも同じようにまず五感に感じます、そのことを魄に感じると言っています。つまり肉体に感じ取る言うことです。具体的には体調の変調として感じ取ることが多いものです。たとえば、疲れる、頭が痛い、ぼんやりする、眠気がしてくるなどから、風邪の引き始めの症状や悪寒、咳、吐き気、微熱の出た感じなど。
さらに病気の相手に強く感応した場合は相手の病気と同じような症状が出てきたりします。自分の経験ではひどい時は三日ほど寝込んで二週間ぐらい元の体調に戻らないことが頻繁にありました。いつも病気でなく霊的な症状だからほっておくことが多かったのですが、むくみが長期的に続いた時は医者から腎臓の検査を受けるように言われました。そして、そんなことやっていると確実に機能は失われていると指摘されたことがあり、それ以来きちんと医者に罹っております。

ケガレを受けて急に体調がおかしくなった場合でも、現象として出た場合は医療行為は必要になります。経験的には漢方的見立て(診断)と投薬や施術が効果があるようです。霊的というかある種の影響・感受性で病気と同じ症状が出ているからなのでしょうか、軽い症状の時は検査等では何も出ないこともよくあります。まあ、未病以前とでも言ったらいいのでしょうか?。
リンパ線と漢方の経絡とヨガで言うチャクラには邪気、汚気、悪気といわれるものが溜まってしまいます。もちろん経絡、チャクラなんてものは実際の体には存在しないものです。しかしケガレを祓い続けていくと様々な感性が研ぎ澄まされていきます、そして今まで感じ取ることが無かったものが少しずつ感じられるようになり、ケガレていること清まっていることの区別が判然とつくようになります。
それは場所や空間のケガレ、物についてるケガレ、思想などの考え方や人の思い、感情などのケガレなど、あらゆる所に気の清濁があることを感じ分けるようになります。

ケガレを受けた場合はお祓いをすることになるのですが、まず禊ぎをするこれはお風呂に入ったりシャワーの温水でも効果はあります。塩や汲み置きの海水、井戸水、また入浴剤も効果的です。息を吐く、吐瀉する、排泄する、汗をかく、漢方で言うと寫の行為をすると穢れを体の外に出すことが出来ます。
人は無意識に体の痛いところに手を置きますそれで手当と言いますが、手から出る気の効果もありますが触る揉む叩くなどの刺激でも取れていきます。ケガレも体の中を移動するものは最後は手先、足先、肛門周辺から出て行きます。また、祓い代とも言いますが人形や麻などで体を撫でてケガレを吸い取らせることをしますが、常緑樹の小枝、榊なども効果的に取れます。最も効果が強いのは海水につかることです、裸足になり手足を洗うだけでも随分と変わります。
強いケガレはお祓いを何度となく繰り返して徐々に取れていくことが多く、一度でスッキリ全部取れることはありません。表面が取れると体の中からまた浮き上がってくる感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 4 =