「指南」


○師匠とは ②

「指南」
指南とは南を指す車を作って、道に迷わないよう一定の方向を指し示していたところから、人に方向や進路を教え導く指導する意味となったと言われております。
人が物事を始める時、どのような動機なのかが大切であり、それがその人なりの志としてあらわれるものです。師匠とは自分の目標でもあります。師匠によってその志を定めてさらに高め維持できるように、知らない内に導かれて行きます。それは言葉で伝えると言うよりも師の生き方、業績から自然と知らない内に受け取るものです。師と同じ目標や志をもつて居れば、同行の先達として生き方のお手本として最も効果的な影響を受け取れるはずです。

「針が曲がれば糸が曲がる」
志が変われば自ずから到着点が変わってきます。人の事は何となく解るものですが、自分のこととなると気づかないものです。その意味において師匠を持つことは教えを頂くことと、自ら師匠と重ね合わせることなどが出来、その後においても一生自らを見つめ直す、鏡を頂くことになり本当に有り難いことこの上ないことです。
それで師に付いたことのない人は世代を超えた長い経験の積み重ねがもたらす成果を共有出来ないことが大きなネックになるようです。

〈指導を受ければ初心者でも解るようなことを知らなかったり、誤解していたり。その誤解から始まってすべてをあらぬ方向に持って行き、取り返しのつかないことになっていることがあったりします。特に霊學や密教的な体験が重視されるところでは口伝を聞かないと大変危険ですから…〉
そんな方を見て師曰く、「熱心に間違ってありますね!」とおっしゃっていました。そんなことにならないように互いに気をつけたいものです。そのぶん規制概念はないので自由な発想はあるようです。

「先人の行履(あんり)を尋ねる」
尊敬する人の行動行状を学んで理解を深め、その生き方を追体験して思想信条を学ぶことです。人から習って一生懸命になると知らない内に指導者の口調や仕草などの行動様式や考え方などが似てくるものです。学ぶとは真似る事から始まるのですから、当然何らか似てくるものです。
さらに精神的なものを追ってる場合は次に言葉にならない、もしくは言葉にしづらい領域の精神性を自ずから感受していくようになります。言わずもなが、以心伝心などと言われ、杓甁(しゃくびょう)=柄杓から瓶に液体を移すように、一つ一つ丁寧に思想や体験を通じて永年受け継がれてきた共通の認識が伝えられていきいます。行住坐臥=四威儀の日常生活すべてが修行であると仏教でも言いますが、心と心、魂と魂が直接触れ合う境界ではあらゆる事が教えとして象徴として意味をもたらしています。
師と弟子が同じ事を分かち合う同行者となる瞬間に大切な意味(秘伝・儀式の意味、本質・悟りの要諦)は伝えられていきます。道を求める時目の前の師匠でなく、過去の偉人であったり、亡くなった先達であっても同じ事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 4 =