新春を言祝ぐ


平成21年 己丑(つちのとうし)

皇紀2669年

お正月は過ぎゆく一年間を見直し、形においても心においても垢や埃を払い、清浄にして慎み深く神様をお迎えし、新しい命をいただくという大切な行事です。

私たちが忘れてならないことは、いつ、いかなる時でも神様は私たちの上を見守っておられるということです。そして、古来より、日本人は人でなく神様を中心にして自然に沿って美しい国を造り、清らかに生きてきました。
新年はすべてが弥栄行く、可能性やより良き発展を見いだし祝う、祈りの時です。

心晴れやかに、新年をお迎え下さい。

「一年の計は元旦にあり」

開運招福・家内安全の
御祈願をお受け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 4 =