「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録4


〈日本への核配備構想〉

先月の西日本新聞(朝刊)によれば、日米研究家の新原昭治氏が米国立公文書館で次のような関連文書を入手したという記事が載っていた。それによれば、フーバー国務長官は一、九五五年十一月十八日付けのロバートソン国防副長官宛て極秘書簡で、米統合参謀本部が世界戦略の一環として核兵器を日本に配備する必要があると判断した経緯が書かれている。五〇年代の米公文書によれば、原子力発電所を被爆地広島に建設するという案さえ、米政権内にはあったというから驚きだ。
通常戦力の優位を誇ったソ連を核報復で威嚇する「大量報復戦略」を採用したアイゼンハワー米政権内では、五四年五月、国防総省が在日米軍基地への核配備を求める声が強まるが、おりからの太平洋ビキニ環礁での水爆実験(「ブラボー」、爆発力は広島型原爆の約千倍)の際に百五十キロ離れたところで操業していた第五福竜丸(静岡県焼津漁港)が「死の灰」を被り、乗組員二三名全員が放射能被曝し、急性放射能障害に罹って死者も出たことから日本の対米感情が悪化し、翌五十五年には広島で三千万人からなる「原水爆禁止世界大会」が開かれるなど、原水爆禁止運動が盛り上がり国民運動となったため、アメリカは何とかして日本人の反核・嫌米感情を封じ込めようとして、原子力の平和利用という名目で原子力技術協力を加速させたという経緯がある。原爆・水爆実験でこの掛け替えのない母なる地球がどれほど汚染されてしまったかを深く思い知るべきである。アメリカとはこのように怖ろしい国なのである。かれらの頭の中にはいつも「日本での米国の利益」しか考えていないということを、私たちは常に肝に銘じておくべきだ。
それでも米軍部は日本への核兵器配備を諦めず、国務省と国防総省とが共同研究を始め、日本側には原子力平和利用という名目で指導層に金をばらまき、暫くは日米間の原子力協力に専念することでやがて必ず「米国にとって最善の結果」が得られるとして綿密に計画を練った。「平和利用」への理解が深まれば「軍事的な原子力計画」への理解も進み、「日本人の心理的な障壁を弱められる」という国防副長官の考えであった。そうして米核政策への「好意的な理解」を広めながらも、アメリカは密かに核爆発を起こす核分裂物資を含まない「非核コンポーネント」と呼ばれる核兵器部品を日本に持ち込み、配備したのである。(五四年末から六五年頃まで続いたという)

 

〈人間は原子力を完全にコントロールすることは出来ない〉

福島第一原発一~五号機の原子炉格納容器は「マークⅠ型」とよばれGE(米ゼネラル・エレクトリック)社が開発したものである。いまから三十五年前、GE技術者のデール・ブライアンバウ氏は「マークⅠ型の格納容器は小さいため圧力に弱く、水素爆発などの事故が起きれば耐えられない可能性がある。製造を許可すべきではない」として停止を求めたが、GE幹部は「停止したらGEの原発ビジネスは終わってしまう」としてブライデンバウ氏の忠告を聞き入れなかった。
マークⅠは「格納容器を小さくした結果、配管や配線が無理な形で押し込められており、強度やメンテナンス作業に難点がある」とし、「小型化で製造費は安価になったが、利点より欠点が多い」と指摘されていた、つまり欠陥品を掴まされたという訳である。
これでは目も当てられない。ベントを後付けしたものの、それにはフィルターさえ付けてはいなかったのである。それでよくも「クリーンだ、安全だ」などと平気で言ってきたものである。日本は大きく国策を誤りました。
政府と電力会社は今回の事故を起こした最大の責任者であり、最大の犯罪者である。金や地位に目がくらみ、己の既得権益に必死にしがみつき、飽くなき欲望を満たさんとして、地域住民や国民の生命(いのち)と財産をまったく無視し、まさに此の国を売った者たちなのであり、これは全くの犯罪であります。

「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録3


〈兆(きざ)しを知るはそれ神か〉

予兆(兆し)とは見えない世界からの知らせ・伝達であり、神功皇后さまは「よく未然(未来)のことを知悉しておられた」と記紀にあるが、古代人が大自然から神の教えを学び取り、よく気配を察することが出来たのは神や大自然に対して謙虚だったからである。季節の訪れ(おとない)は目には見えないけれど、残暑厳しい中にもいつの間にか次第に秋が深まっている。そして、実はその中にもう、すでに確実に冬将軍が忍び寄って来ているのである。こうした、四季(季節)の移ろいの中に微妙な変化の兆しを感じ、読み取る力が私たち人間には誰にも生まれながらに備わっているものである。

 

〈二宮金次郎と秋(あき)茄子(なす)の話〉

天保の飢饉の時、国中で餓死者は数十万に達したというのに、桜町領の三カ村では金次郎さんの先見の明と適切な指示によって三千三百七六俵の備蓄があったので、それを食い、足らないところは稗で補い、一人の餓死者も出さずに済んだという話は誰もが知る有名な話である。江戸の三大飢饉といえば享保・天明・天保(四年・五年)の飢饉を指すが、天保四年(一八三三)、金次郎四七歳の時のことである。この年は関東地方のみならず、全国的に凶作の年であった。天候不順で、夏の初めから幾日も雨が降り続いた。金次郎さんは前日の残った冷や飯に水をかけて食べるといった御方であったが、ある時、宇都宮で昼食のおかずに出された茄子を食べていると、初夏だというのに、秋茄子(なす)の味がした。驚いた金次郎さんは外に飛び出して、稲や道端の草を調べてみた。すると、根は普通であったが、どの稲も草も、葉の先が衰えていた。土の中は夏であるが、地上は既に秋になっていることが分かったのである。「これは只事ではない。これからの気候を予測すると、今年は陽気が薄く、陰気が盛んなのに違いない。これでは今年は農作物が実らないであろう。すぐ準備にかからないと百姓たちは飢饉に苦しむことになるだろう」と金次郎さんは直感した。「陰陽の理」といって、陰陽のめぐり合わせから気象を判断する手法を知っていた。
「今年は作物が実らないから、凶作への準備が必要である。ただちに地下に出来るもの、すなわち、芋、大根、かぶなどの飢饉に強い野菜の種をまくように。それと同時に一町歩に二反歩ずつの割合で冷害に強い稗(ひえ)を蒔くように。そして稗が実ったら、これを必ず蓄えておくのだ。そのようにすれば、どの家にも畑一反歩の年貢を免除する」と指示し、これを村人たちに実行させたことによって、飢饉による被害を見事に回避したのであった。
一体、「転ばぬ先の杖」とか「後悔先に立たず」とはどんな教訓であるのか。人はいつも「まさか」「この位」などといった甘さが生命を失い、一家や国家を途端の危機状況に陥れるのである。「想定外」など、あろうことか。それは愚かな素人(しろうと)どもが口にするセリフである。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」というが、現代人は敵ばかりか、己のことすらも知らず、まったく傲慢の極にあり、猿以下に成り果てたのである。大自然(神)や親・先祖の御霊との関係が切れているが故に、神の手紙も読めず、迫り来る危機にも鈍感そのものであり、外の気配がまったく読めなくなってしまった。

「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録2


〈神の手紙(みこころ)を読む〉

先月(八月)二九日の午後のことであります。神前で横になっていた時、いつの間にか眠ってしまったらしく、風呂場はもとより、ありとあらゆるところの蛇口から水が激しい勢いで流れ出ており、家の中は大洪水といった有様で、その水流で押し流されそうになる、といった大変な水の恐怖に襲われました。ハッとして目覚め、未だ恐怖も冷めやらぬ中、今日、博多から新幹線で帰阪途中にある筈の某夫人に「とにかく、水に注意するように」と電話したところ、「今、姫路を通過中」であるとのことであった。そして、今月4日、5日になって、彼女はその神のご警告の意味を驚きと共に知ることになる。台風一二号による記録的な豪雨が紀伊を襲い、そのために甚大な被害を蒙ったことを、テレビのニュースで見たからであります。あの三月一一日の大震災の悪夢が再び蘇って来たかの如き感があります。水の破壊力のもの凄さ…。それはそのまま、大自然の、「神の怒り」そのものであります。今、地球上のあらゆるものが崩壊し始めました。
失意の中で立ち直れずにいた私は、未だに神が人類の罪をお許しになってはいないということを知って、愕然としました。神への深いお詫びと反省無くして、真の復興など決して有り得ないということを改めて思い知った。
今、自分がこの世にこうして生きているのは一体、誰の御蔭なのか。自分の生命を此の世に生み出し、これまで手塩にかけて育て育んで下さった大恩ある親に対してさえも、不義理ばかりして来たのである。現代日本人はその生き方の中から、「親の面倒を見る」という大切な心を失ってしまったのである。親・先祖の御霊を大切にしない者が、此の世で自分たちだけは幸せに暮らせるなどという事は断じてないということを今の人たちは知らないのだろうか。
神によって生かされ生きるこの身でありながら、「人間さま」は生命の源である聖なるもの(神や親・先祖の御霊)に対する畏敬の念を喪失し、人主義に堕してすっかり傲慢に成り果ててしまいました。どうにも救いようのない人間たち。神々は人類の愚かさに対して「これでもわからぬか」と強い警告を発し、お気付けをしておられるのだが、それさえも誰一人気づかないとは、これまた何としたことであろうか。こうした「神の知らせ」(神からの手紙)は誰にでも発送されている筈なのだが、霊性が麻痺した人間たちは一向にそれに気付かないのである。

「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録 平成23年9月8日


一 はじめに

神職の皆様方にはいつも斯道のためにご尽力され、まことに御苦労に存じます。

さて、講話や講演となると、大抵は要領よく、当たり障りの無い、どこでも言われるような最大公約数的なことを話すのが一般的でありますが、私はそのような面白みのない、無駄なことは致しません。第一、それは御神霊・御英霊に対しても、また皆様方に対しても最大の無礼であります。
自分自身の考えや意見を言わずして、皆、ありきたりの他人の意見ばかりを口にしてお茶を濁して、そんなものが一体何のためになるというのでしょうか。一期一会という言葉が御座いますが、誰にとっても二度とは無い、かけがえの無い、この生命(いのち)の時間を無駄にしてしまっては、神々やご先祖様方に対しても大変申し訳ないことです。
特に世界は今、あらゆる面で崩壊の兆しが見えており、のっぴきならない大きな時代の転換期を迎えております。これからがまさに、日本が世界に対して大きな役割(人類が真に生きるべき道を明らかにするという使命)を果たすべき時が来たと実感致しております。世界の滅亡を真に救えるのは、何よりも神霊の実在を説き、生命(いのち)を畏敬する生き方(教え)を実践する日本の神道しかありません。従って、皆さま方、神職一人一人の責務は真に重大であるという訳であります。
ということで、今日は、神道研究者として、また神道信仰に生きて来た者の一人として、神道が抱える課題やその目指す道について私なりの心情を吐露させて戴き、いささかでも専門神職の方々にお役に立てれ・・と願っております。

神道は天地悠久の大道であり、あまりにも霊妙且つ深遠であるために、神道が包括するその全容というものは人がどんなに言葉を尽して「これこれこうである」と語ったとしても、それはただ単に神道の一面を述べたに過ぎず、その全容や本質部分というものは両手に掬(すく)った水が指の間から直ぐに漏れ落ちて行くように、決して掴み得ないものであり、また決して語り尽せるというものではないと思います。今日はそれを十分承知の上で、このまたとない機会に御神霊・御英霊の御加護とお導きを請いつつ、本日のテーマについてお互いにジックリと考えて見たいと思います。

二 今、人類の生き方が問われている

私たちは近代化と共に、日本人として、人(霊止)として無くしてはならないとてつもない大切なもの(日本人としての気高い霊性の輝き)を失ってしまったという感が強くあります。今日は、日本人
の霊魂(タマ=霊性)の働きが一体どんなものであったかを見直し、考え直してみたいと思います。
今、私たち日本人のみならず、地球上に生きる人間の、人類の生き方そのものが大きく問われております。人類のこれまでの生き方に対する大精算が行われ、あらゆるものが崩壊の一途にあります。日本だけに限って言えば、三月十一日の東北関東大震災や福島原発事故はいったい何を私たちに語り伝えようとしているのでしようか。
結論を先取りして端的に申しますと、私たち(人類)が「神を見失った」ということであり、「神意に反しては一日たりとも生きて行けないのだ」ということであります。先祖以来、大自然のはたらきに神の存在を感得し、「自然は神なり」としてあらゆるものの中に生命の息吹を感じ、讃え、神と共なる生活をして来た私たち日本人です。山には山の神が、海にはわだつみの神が、そして樹齢数百年もの樹木には注連縄を張り巡らして「これは御神木」であるとして聖別し、大切にしてきました。 その私たち日本人が、太平洋プレートやフィリピン・プレート、ユーラシア・プレートなど幾つものプレート上にある日本列島であることを知りながら、火山大国・地震大国日本であることを承知しながら、活断層の上に平気で五四基もの原子力発電所を建設し、緑なす山や森、河、美しい海、母なる大地を放射能で汚して来たのです。清浄を尊び、穢れを忌み避けて来たはずの日本人が、これに対して何とも思わなくなってしまったのですから、これは「神への冒涜」以外のなにものでもありません。日本人の霊性が麻痺したのだとしか言いようがありません。

「真の幸せの道」を求めて   人はなぜ病むのか 2


3. 如何にすべきか
      原因は「親の生き方」にある

 一体「人はどのように生きるべきなのか」「どう生きるのが本当に正しい生き方なのか」「人としての踏み行うべき道」と言うものを知らずしては、バランスも調和もあったものではありません。自分たちが「親」を大切にしないで「子」はどこで「生命の大切さ」を学ぶのでしょうか?…。

 明治以降、欧米列強に負けないよう、それに追いつき追い越せとばかりに我が国は急速に「近代化」を推し進め、西洋の目新しい文化を盛んに取り入れ模倣すると同時に、彼らの科学合理主義・唯物主義・個人主義思想までほとんど無批判に受け入れきたのであり、戦後は一層その傾向に拍車がかかったと言えましょう。その為にそれまで大切にしていた先祖以来の麗しい生活習慣や伝統、文化という物をいつの間にやらスッカリ反故にしてしまいました。
 勤勉実直な日本人は戦後の物不足と精神的虚脱、廃墟と化した町から必死に立ち上がり、汗水垂らして働き続け、努力に努力を重ね今日見るような豊かな物質的繁栄を築いて参りましたが、と同時にふと気がついてまわりを見渡してみると、従来「東洋の君子国」とも言われ、世界の道徳的模範であった「神州清潔の民」はその生きるべき「道」を見失い、民族の気高い精神と道義心は何処かへ忘れ去り、国も町も村も家庭もその強固な生命の絆はズタズタに断たれ個々バラバラに解体され、全く行き場を失ってしまいました。
「隣は何をする人ぞ」というごとく、人々は個々バラバラで互いに無関心・無干渉を良しとし、地域共同体の絆はどんどん解体されていき、その社会の価値の中心であり人々を結びつけていた神社の神々と氏子関係は次第に弱体化し、人々はもはや共通の同じ物語を紡げる喜びを失い、誰とも〈真に心をかよわす〉ということが出来なくなり、ために誰もが〈精神的に不安定な状況〉に置かれていると言えましょう。
 
 人心の荒廃ぶりはすさまじく、人々はすっかり人間性を喪失し、「神を畏れ生命を畏敬する心」を無くしてしまい、己の生命をこの世に生み出し育んでくれたどんなに感謝してもなお余りある「生命の源」である自分の親・先祖の御霊さま方や御英霊をないがしろにして平気な人間ばっかりになりつつあります。この世には金・物や己の学歴・地位よりも大切なものがあるのだということが、分からなくなってしまいました。この頃は「世のため人のために」と言った生き方をする人が少なくなり、他人や社会・この国がどうなろうとかまわない、「自分さえ良ければいい」といった「吾良し」のエゴの塊のような人間が増えてきました。それと呼応するかのように、現代社会は「ストレス社会」とも言われるように〈精神を病む〉人々が非常に多くなってきました。

 見えない神仏や、人間死後の世界などはまるで信ぜず、「自分が今在る」のは神仏のお蔭、親・先祖のお蔭、社会のお蔭であると言うことに全く思い至らず、すべては自分一人の才能・努力によるものだと思い誤っているその〈自己中心的な生き方〉をする親こそが、その家の先祖から反省を求められているのだとも言えるのです。
 原因は発病したその子供にあるのでなく、実は〈親・先祖を常々心から偲び供養する優しい心〉を持たない自己中心的生き方を続ける両親にあるのです。死者の御魂がしきりに気付いて欲しいと訴えかけているのは、子供でなく、その親に対してなのです。

 4. おわりに  「鎮守の杜」の復権

私たちの遠い先祖がその瑞々しい豊かな霊性と感性、叡智で残してくれた『古事記』神話や古典を宮司さんや神主さん方と共に紐解き、今こそもう一度、日本人のアイデンティティを、その誇りと自信を、強い絆を取り戻しましょう。そして、身の回りの知人・友人や子や孫達に自信を持って「人間はどう生きるべきなのか」「どのように生きるのが本当に正しいのか」をシッカリ伝えていきましょう。

 神社は地域社会のネットワーク作りに強い力を持っております。私たちの幸せのもと、価値の中心が鎮守の杜なのですから、神社を中心にちょっとした挨拶や言葉がけを大切にし、人々の和をより一層大きく広げていこうではありませんか。
身の回りの人達が一人で悩んで社会を騒がすような邪教や悪徳宗教教にだまされ取り込まれることのないように、〈自分は一人ではない〉のだということを誰もが信じられるような、お互いに心から助け合える強固な地域社会の絆〈関係〉を神社を中心に取り戻しましょう。
 私たちのこの肉体は時間の経過と共に年々生理的に年を取っていきますが、内に宿る精神・心は年を取りませんし、また老いることもありません。
心はいつまでも青年時代の若々しさを保ち、輝いて生きていこうではありませんか。どんな方でも生命ある限り、神に生かされている限りはこの世に果たすべき使命・務めがあるわけですからともども斯界の発展のために頑張りましょう。

 私たちはとにかく肉体だけをすべてと思い、現世中心の物の見方や考え方をしがちですが、この現象界にだけに捕らわれた人生観・世界観を改め、霊的実相世界をも含めて「世界」なのであると言うことを認識する必要がありましょう。この肉体が滅んでも生き続ける不滅の霊魂の存在することを知って、死後決して「ああしたかった、こうすべきだった」と様々な欲念や思いを残し、苦しみ嘆き悲しみ、焦り、戸惑い、悔悟の念に苦しみもがいて、子孫や血縁者に取りすがって困らせることのないよう、日々なんとしても悔いのない人生を送りたいものだと思います。