師走一日、月初めの月次(つきなみ)の御祭り


〜〜社頭講話より〜〜

おはようございます。
寒い中、ありがとうございます。

急に寒くなって、堪えますね。例年これくらい普通だと思うんですけど、急に寒くなったんでガタガタします。

信仰法に関して、どこかでちょっと狂っちゃうんですよね、
人間その時になって心境が変わる、後で気がつけば良い。
あとになって気がついて、若い時のことを振り返って若気の至りとか言ってるんですけど、

若気が至らずそのまま持って行っちゃったら大変なんですけど、どこかで気が付けばと思います。

白鵬のことを悪く言うつもりはないんですけど、登り詰めれば登り詰めるほど「頭を低くする」と言うのが日本の文化なんです。

神社に来たら分かるんですけど、一の鳥居の下だと頭も下げないで行きます、

だんだん近づいてくると、深々と頭を下げてくる。
中に入ると私事、私語をしない。
この上(祭壇)になると、私語私事をすることはまずない。
今日は寒いから晩ごはん鍋がいいなと思うことはあっても、ここで何にしようかと打ち合わせることはまずない。そう言う場所。

と言うことは、近づけば近づくほど低姿勢になる。
これは何かと言うと「神に近づく」と言うこと。

「相撲」は神様に奉納すると言う神事なんですよね。
横綱は「しめ縄」をしている。
「自分を神の御神体とする」と言う意味。

だから、並並ならぬ生命力を宿したと言うこと。
それに対して神が寄ると言う考え。

横綱に一番大切なのは力量ではあるんだけど、精神的なことが一番大事。

神に近づいたが碌な人でなかったら、神に近づく必要はないわけですよ。

そう言う意味では、日本の国技と言われて神事として行われている「奉納」ですよね、

一番神に近づくと言うのが、横綱たるもの。
一番頭を低くしていなくてはならない。要するに一番高いところまで行っているわけですよね。
御殿で言えば、前まで来ている。そうすると頭を下げなくてはならない。

もっと言うと、祭壇の上に上がったら、「立ってはいけない」
だから膝をついて動く。
そう言う動き、横綱はそうならなければならない。

ところが日本はどこに行ってもなってないですよね、

昔は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
地位が上がったり、それなりに成功するとそう言う風に人格も磨かれていかなくてはならない。

ヨーロッパとかアメリカは違うんですよね、
「自己主張」
西洋文化が入って来て、これが日本人が大きく変わっていることなんです。

今回、大阪の市長さんが、サンフランシスコ市との姉妹都市をやめる。
その理由は分かるんです。
ただサンフランシスコの市長は、名前が「リーさん」と言う。
慰安婦像を作って、リーさん、中国系かもしれない。だからそう言う圧力があって作って、
日本のマスコミはそう言うことを一切報道していない。

神様に近づくと頭が低くなる。

もっとも頭を深く下げておられるのは天皇陛下。

天照大御神の子孫として、毎日、国民のこと、世界平和を祈って頭を下げておられる。

それを、我々は見習って行く。

ですから今回、相撲で思った、なんか違和感があるんですよね、横綱として。

それは、神事として、「神ごと」とすれば、高いところに近づけば近づくほど頭がさがる。
日本文化の、一つの大事なことがちょっとずれている。肌別れしているなと思います。

残りあと1ヶ月ですけど、健康に気をつけて、ますます自らの「たま」を磨いてください。

霜月一日 月初の月次の御祭


霜月一日 月初の月次の御祭
〜〜社頭講話より〜〜

おはようございます。
どうもおめでとうございます。

秋らしくて、今ちょっと寒くて風邪を引きそうになったんですが、食欲が進みそうです。
皆さんも健康には気をつけて下さい、今年もあともう2ヶ月になってしまったんですね。
ぜひまた一生懸命頑張って、色んなことを一緒にやっていきたいと思います。

総選挙が終わって、この選挙は国難突破と言ってましたが、これで国難が終わったんじゃなくて、これから始まる国難に備える、ということです。

大変だなと思います。

ただ良かったのは、日本の中にいる「反日勢力」
日本の国のことを第一に考えるのではなく、自分の懐を肥やすことと、別の国のことを一生懸命されている方がある程度、形として目に見えてきたのかなあ、と。

そういう方たちが、いわゆる韓流ブームを作ったりとか、中国の投資ブームを作ったりとかしてるよううですね。
ここに来てアメリカにいい加減にしとかないと、お前たち危ないぞと言われた、というのが、今の日本の現状です。
日本はアメリカの許しをもらってやっているところがあります。

それにしても、これから10年20年大変な時が続くので、しっかり御神霊にお祈りしたいと思います。

不思議なことに台風がこういうときに2週続けてやって来てしまった。
正しく選挙の時に日本を縦断して、神風でお祓いをされた。
こうして何らかの形で、大事な時にお祓いがある、神様から見捨てられていない、というのが日本の国の慣わしです。

話は変わって、昨日、篠栗に若杉山のつながりで「米の山」というのがあって、上が平たいところがあって、そこを自衛隊の車が占拠していて、レーダーの実験をしていました。
「有事は続いているんだな」
トランプ大統領がこちらへ来られるから、北朝鮮がいつ、発射するか分からない、
それに対して、そこからミサイルにレーダーを照射するようなことを調べる、テストしているのではないかと、勝手に推測です(向こうは一言も言わないので)

パラボナアンテナのようなものが付いた自衛隊の車が、5〜6台来ている。色んな角度に向けて、今日はこっちを照射し明日はあっち、というなことを言っていたらしいです。
だから、危機以前続いているんだな、と。

僕らが忘れてぼ〜っとして、天気がいいな、と思ってますけど、目に見えないところでは、国防のために、色んなことがなされている。
それをたまたまみて、国難は本当に続いているんだな、と思います。

我々も一生懸命、国のため、地域のため、未来の日本の国のために一緒に祈っていきたいと思います。

またお正月を迎えますので、よろしくお願いします。

国の大祓


 

今年も早いものでもう半年が終わり、夏越の祓いの季節となりました。今、日本は危険極まりない状態、それでも皆他人事のようにどこ吹く風とのんびりさせて戴いています。
大祓は国家行事として行う面もあり、今年は多くの方の参加を集い、個人の健康はもとより、多くの皆様と国の隆昌と平安を祈りたく願っております。
朝夕神仏に祈る折には、合わせて国の隆昌と平安をお祈り下さい。「神は人の敬いを受けて威を増す」、と古来より言われています。真剣な皆様方の祈りが神を動かし、世の中を変えるものと確信致しております。

祈れば通ず。 (神と出会う)

祈りは時間空間を超えて祈る対象と繋がり同化するものです。祈りによって相手や対象物のことを感じるようになります。私どもの心は無限の融通性や力を持っており、その心の働きは無私(無心)の時に起こります。それで忘我の祈りが重要なことになります。
自分の個人的なことを離れて祈ることは高所大所から物事を見る大局観を自ずと助成し、本人の感性が変化していきます。清明高貴な人とならせて戴くことが人と生まれた甲斐であり、神と出会った証しと言われています。
当宮では氏子、崇敬者が神霊に通じるように毎日お祈り致しております。月次祭の参列をはじめ百日行はそのきっかけとなられるでしょう。神主と崇敬会会員の日々十回以上の大祓詞のお唱えはその為に行われています。