通じ合うということー見えざる物を貴ぶ 心を養う2


都会で自然環境の規模も小さいので、この地は自然環境がケガレを浄化するには不十分です。それで神主が潔斎して神霊の祓いをお願いし、なおかつ熱心な氏子さんがいてこそ保たれています。
それで祈願の量を調整したり、熱心で清らかな方にご神霊の増長弥栄をお祈りして頂き神社護持のお手伝いと共に家内安全と霊性向上の祈り(崇敬会)をして頂いております。
参集される皆様の真心の積み重ねで奇跡的に今の状況を保っていると拝察申し上げており、お陰様でその真心に答えて頂く神霊のご守護のあらたかさを深く感じております。
これらのことは人が心もその意識も肉体も他の存在と通じ合う同調することの現れです。これを感応同行すると言い、古語では感(かま)けると言っております。このかまけるというと心奪われ捕らわれると言う意味合いで、知らない内に何か見えざる物に心奪われる、我を忘れてしまう、憑きものされてしまう、という感じがあります。
自分自身のことを思い返せば思い当たるところが多々あり、気がつかない内に周囲からいろんな影響を受けていることがあります。自分の体調をはじめ物の好き嫌いや嗜好、思想や思いつきなども作用されています。「朱に染まれば赤くなる」とは言いますが、つきあいの大切さその影響は知らない内に人の霊性にまでも作用しますから大変恐ろしいことです。また改めて自分を省みれば色んなことにかまけて人生歩んできた訳で、良いも悪いも判断できてないことが多く、運良く此処に居るという風に思えます。
ご縁が大切とは言いますがそれを取捨選択したのは自分自身というより神様のお力。「困った時の神頼み」と言いますが、「困らぬ先に神頼み」して神に手を引いて頂き、神の杖を頂きお支えして貰ってやってこられたと思います。お陰様(神様)に気がつかない内にお支え頂いたのでした。

知らない内に様々なモノと通じ合う私ども。体と心、その間に関わる気や幽体、アストラルなど正邪の区別なく存在しております。正神と正佛とモノノケの区別は人の知恵では区別できません。神を祈り想う真心だけが正神に感応し自ずと邪を避けていくとされています。
体や心、気=幽体のケガレはモノの祓いで取れていきます。例えば禊ぎをする、祈り祝詞を唱える、お祓いを受ける、人形祓いなど。しかし、魂にかかるケガレは鎮魂によって正神界の神気を直接受けなければ祓えないとされております。
鎮魂法(真の修行=神と通じる法)は真心を練り鍛えることだとされる所以がここにあります。

本来なら秘して語らず。口伝とされ、教わるべき境涯に足しないと誤解を生みやすく、注意して語るべきところまで申し上げております。それほど世は危機的な状況となっているようです。

「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録3


〈兆(きざ)しを知るはそれ神か〉

予兆(兆し)とは見えない世界からの知らせ・伝達であり、神功皇后さまは「よく未然(未来)のことを知悉しておられた」と記紀にあるが、古代人が大自然から神の教えを学び取り、よく気配を察することが出来たのは神や大自然に対して謙虚だったからである。季節の訪れ(おとない)は目には見えないけれど、残暑厳しい中にもいつの間にか次第に秋が深まっている。そして、実はその中にもう、すでに確実に冬将軍が忍び寄って来ているのである。こうした、四季(季節)の移ろいの中に微妙な変化の兆しを感じ、読み取る力が私たち人間には誰にも生まれながらに備わっているものである。

 

〈二宮金次郎と秋(あき)茄子(なす)の話〉

天保の飢饉の時、国中で餓死者は数十万に達したというのに、桜町領の三カ村では金次郎さんの先見の明と適切な指示によって三千三百七六俵の備蓄があったので、それを食い、足らないところは稗で補い、一人の餓死者も出さずに済んだという話は誰もが知る有名な話である。江戸の三大飢饉といえば享保・天明・天保(四年・五年)の飢饉を指すが、天保四年(一八三三)、金次郎四七歳の時のことである。この年は関東地方のみならず、全国的に凶作の年であった。天候不順で、夏の初めから幾日も雨が降り続いた。金次郎さんは前日の残った冷や飯に水をかけて食べるといった御方であったが、ある時、宇都宮で昼食のおかずに出された茄子を食べていると、初夏だというのに、秋茄子(なす)の味がした。驚いた金次郎さんは外に飛び出して、稲や道端の草を調べてみた。すると、根は普通であったが、どの稲も草も、葉の先が衰えていた。土の中は夏であるが、地上は既に秋になっていることが分かったのである。「これは只事ではない。これからの気候を予測すると、今年は陽気が薄く、陰気が盛んなのに違いない。これでは今年は農作物が実らないであろう。すぐ準備にかからないと百姓たちは飢饉に苦しむことになるだろう」と金次郎さんは直感した。「陰陽の理」といって、陰陽のめぐり合わせから気象を判断する手法を知っていた。
「今年は作物が実らないから、凶作への準備が必要である。ただちに地下に出来るもの、すなわち、芋、大根、かぶなどの飢饉に強い野菜の種をまくように。それと同時に一町歩に二反歩ずつの割合で冷害に強い稗(ひえ)を蒔くように。そして稗が実ったら、これを必ず蓄えておくのだ。そのようにすれば、どの家にも畑一反歩の年貢を免除する」と指示し、これを村人たちに実行させたことによって、飢饉による被害を見事に回避したのであった。
一体、「転ばぬ先の杖」とか「後悔先に立たず」とはどんな教訓であるのか。人はいつも「まさか」「この位」などといった甘さが生命を失い、一家や国家を途端の危機状況に陥れるのである。「想定外」など、あろうことか。それは愚かな素人(しろうと)どもが口にするセリフである。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」というが、現代人は敵ばかりか、己のことすらも知らず、まったく傲慢の極にあり、猿以下に成り果てたのである。大自然(神)や親・先祖の御霊との関係が切れているが故に、神の手紙も読めず、迫り来る危機にも鈍感そのものであり、外の気配がまったく読めなくなってしまった。

「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録2


〈神の手紙(みこころ)を読む〉

先月(八月)二九日の午後のことであります。神前で横になっていた時、いつの間にか眠ってしまったらしく、風呂場はもとより、ありとあらゆるところの蛇口から水が激しい勢いで流れ出ており、家の中は大洪水といった有様で、その水流で押し流されそうになる、といった大変な水の恐怖に襲われました。ハッとして目覚め、未だ恐怖も冷めやらぬ中、今日、博多から新幹線で帰阪途中にある筈の某夫人に「とにかく、水に注意するように」と電話したところ、「今、姫路を通過中」であるとのことであった。そして、今月4日、5日になって、彼女はその神のご警告の意味を驚きと共に知ることになる。台風一二号による記録的な豪雨が紀伊を襲い、そのために甚大な被害を蒙ったことを、テレビのニュースで見たからであります。あの三月一一日の大震災の悪夢が再び蘇って来たかの如き感があります。水の破壊力のもの凄さ…。それはそのまま、大自然の、「神の怒り」そのものであります。今、地球上のあらゆるものが崩壊し始めました。
失意の中で立ち直れずにいた私は、未だに神が人類の罪をお許しになってはいないということを知って、愕然としました。神への深いお詫びと反省無くして、真の復興など決して有り得ないということを改めて思い知った。
今、自分がこの世にこうして生きているのは一体、誰の御蔭なのか。自分の生命を此の世に生み出し、これまで手塩にかけて育て育んで下さった大恩ある親に対してさえも、不義理ばかりして来たのである。現代日本人はその生き方の中から、「親の面倒を見る」という大切な心を失ってしまったのである。親・先祖の御霊を大切にしない者が、此の世で自分たちだけは幸せに暮らせるなどという事は断じてないということを今の人たちは知らないのだろうか。
神によって生かされ生きるこの身でありながら、「人間さま」は生命の源である聖なるもの(神や親・先祖の御霊)に対する畏敬の念を喪失し、人主義に堕してすっかり傲慢に成り果ててしまいました。どうにも救いようのない人間たち。神々は人類の愚かさに対して「これでもわからぬか」と強い警告を発し、お気付けをしておられるのだが、それさえも誰一人気づかないとは、これまた何としたことであろうか。こうした「神の知らせ」(神からの手紙)は誰にでも発送されている筈なのだが、霊性が麻痺した人間たちは一向にそれに気付かないのである。