「神道がめざすもの」〈3.11以降の世界の状況〉講演録4


〈日本への核配備構想〉

先月の西日本新聞(朝刊)によれば、日米研究家の新原昭治氏が米国立公文書館で次のような関連文書を入手したという記事が載っていた。それによれば、フーバー国務長官は一、九五五年十一月十八日付けのロバートソン国防副長官宛て極秘書簡で、米統合参謀本部が世界戦略の一環として核兵器を日本に配備する必要があると判断した経緯が書かれている。五〇年代の米公文書によれば、原子力発電所を被爆地広島に建設するという案さえ、米政権内にはあったというから驚きだ。
通常戦力の優位を誇ったソ連を核報復で威嚇する「大量報復戦略」を採用したアイゼンハワー米政権内では、五四年五月、国防総省が在日米軍基地への核配備を求める声が強まるが、おりからの太平洋ビキニ環礁での水爆実験(「ブラボー」、爆発力は広島型原爆の約千倍)の際に百五十キロ離れたところで操業していた第五福竜丸(静岡県焼津漁港)が「死の灰」を被り、乗組員二三名全員が放射能被曝し、急性放射能障害に罹って死者も出たことから日本の対米感情が悪化し、翌五十五年には広島で三千万人からなる「原水爆禁止世界大会」が開かれるなど、原水爆禁止運動が盛り上がり国民運動となったため、アメリカは何とかして日本人の反核・嫌米感情を封じ込めようとして、原子力の平和利用という名目で原子力技術協力を加速させたという経緯がある。原爆・水爆実験でこの掛け替えのない母なる地球がどれほど汚染されてしまったかを深く思い知るべきである。アメリカとはこのように怖ろしい国なのである。かれらの頭の中にはいつも「日本での米国の利益」しか考えていないということを、私たちは常に肝に銘じておくべきだ。
それでも米軍部は日本への核兵器配備を諦めず、国務省と国防総省とが共同研究を始め、日本側には原子力平和利用という名目で指導層に金をばらまき、暫くは日米間の原子力協力に専念することでやがて必ず「米国にとって最善の結果」が得られるとして綿密に計画を練った。「平和利用」への理解が深まれば「軍事的な原子力計画」への理解も進み、「日本人の心理的な障壁を弱められる」という国防副長官の考えであった。そうして米核政策への「好意的な理解」を広めながらも、アメリカは密かに核爆発を起こす核分裂物資を含まない「非核コンポーネント」と呼ばれる核兵器部品を日本に持ち込み、配備したのである。(五四年末から六五年頃まで続いたという)

 

〈人間は原子力を完全にコントロールすることは出来ない〉

福島第一原発一~五号機の原子炉格納容器は「マークⅠ型」とよばれGE(米ゼネラル・エレクトリック)社が開発したものである。いまから三十五年前、GE技術者のデール・ブライアンバウ氏は「マークⅠ型の格納容器は小さいため圧力に弱く、水素爆発などの事故が起きれば耐えられない可能性がある。製造を許可すべきではない」として停止を求めたが、GE幹部は「停止したらGEの原発ビジネスは終わってしまう」としてブライデンバウ氏の忠告を聞き入れなかった。
マークⅠは「格納容器を小さくした結果、配管や配線が無理な形で押し込められており、強度やメンテナンス作業に難点がある」とし、「小型化で製造費は安価になったが、利点より欠点が多い」と指摘されていた、つまり欠陥品を掴まされたという訳である。
これでは目も当てられない。ベントを後付けしたものの、それにはフィルターさえ付けてはいなかったのである。それでよくも「クリーンだ、安全だ」などと平気で言ってきたものである。日本は大きく国策を誤りました。
政府と電力会社は今回の事故を起こした最大の責任者であり、最大の犯罪者である。金や地位に目がくらみ、己の既得権益に必死にしがみつき、飽くなき欲望を満たさんとして、地域住民や国民の生命(いのち)と財産をまったく無視し、まさに此の国を売った者たちなのであり、これは全くの犯罪であります。

ウブスナにふれる2


魂の原点という神の御元に返ることを、日本では皇室をはじめ地域毎の土地の神々の元で行ってきたのです。「和の国、大和国」日本とは御神霊の魂から来る働きの中にある和御魂によって、人々は善良で穏やかで争わず助け合って世の中を創っていく使命を自ずと持つことわりを表現していると思っております。これを命持ちと言い、神様にそして人にも御名にミコトとあるのはその者が神であり、神の使命を持っていることを表しているのです。
人はすべての者がこの神のミコト持ちであり、神の神聖とその使命を持つと言うのが、日本人の考え方です。それで差別の少ない平等な国を保ってきたのです。

日本は明治から西洋文化を追従し、文明開化を謳い富国強兵したお蔭で植民地にはされませんでした。そして、戦後は占領政策によって日本本来の思想文化を教育をはじめ社会制度の中で変容させられてきました。そして学校教育では日本文化について学ぶことは絶えてありません。社会科で習うと言う方も居られるかも知れません。習ったとしてもほんの概観だけです。本質は何も分からずじまいで、家庭教育で伝えなければどこの国の人か何人か分からない者になってしまします。それを宇宙人といてるようですが、それでは日本がやがて無くなってしまいます。

只今、御世代わりの時ですから、御神霊の働きが強くなるときであります。御神霊は人の祈りを受けその働きを強めるとは古来からの伝承です。
個人ご家庭の幸福はもちろんのこと、地域国家の安全平和を祈り、少しでも幸せにそして人として立派にならせて戴きましょう。
神国日本と言われることわりそのままに、より素晴らしい日本の将来を迎える為に、家庭でのお祈りをはじめ神社に出向いてのお祈りを皆様にお願いし致します。また、神社と言わず神仏ご先祖が私たちとは異なる世界に居られ見えないとは言え、天体の運行と同じく片時も休まず活き活きと活動されていることを常に思って戴ければ祈りは必ず通じるものです。

ウブスナにふれる


ウブスナとは産土神のことです。ウブスナとは人が知らずとも関わっている神であり命の元、命を命たらしめている神聖な存在。この世に見える姿としては、その多くが土地の神や氏神と言われる神社の御祭神として祀られています。

日本の昔ながらの考え方(生き方・世界観)は随神=カンナガラ、古道とも古神道とも言われています。それは古代日本人がウブスナと関わりながら生きていくところから形作られてきました。日本人の生き方はウブスナとの関わりそのものなのです。ウブスナとは母なる大地であり、人の命の大元であり、命そのものと言ってよいほど、人とウブスナの神は深く結びついています。日本人は人は神様と親子関係であるとして、命の元を畏敬する生き方を続けてきました。私ども人類は「神の御末」つまり人は神様由来の生き物であるとしながら、暮らし神々に畏敬を持ってきました。

私どもを生かしている自然環境や食べ物となる動植物も人と共に神様由来の物であるとしています。そのようにして日本人の感性は自然と共生する日本人の生き方を創り上げてきました。
それで自然を畏敬すること、生命やその元つまり親や先祖を大切にすること、動植物をはじめ山川などの大地や自然現象にまで命の息吹を感じ、そこに神聖さを見出して共通の命の働きに畏敬を持って接してきました。しかしながら、今私たち現代人はウブスナとの関わりを意識することが急速になくなってきています。

御世代わりに際して、ウブスナの継承が行われます。火嗣ぎ(霊嗣ぎ)とも言われるこの祭は世の中の生命の更新が行われるという意味であります。それで昔は潔斎して忌み籠もりをしておりました。天皇陛下が行われる大嘗祭によって、国をはじめすべての命が更新されると考えられておりました。正月を一年の命の更新として、神から命(恩賴=ミタマノフユ)を頂くとしております。そのことが月毎や日毎に繰り返されるとして神社や家庭で祭祀が行われてきました。

日本人のこの素朴な考えは、人に内在してる魂から来る物で、世界人類が誰しも共通に持っていた筈の物です。人が私欲を持ち、理性によって合理的な考え方を続けるとき、魂から来る感性は遮られ途絶えてしまいます。その時は一度無心になり、一切の捕らわれ関係性を断ち切らなければ原点には戻れません。実は多くの社会儀礼、宗教儀礼の本質はこの魂の元(神々=命の元=天御中主神=グレートサムシング)に帰り着くことなのです。