ケガレ・祓へ・潔斎 2


今までは身体的な祓いについて書いておりますが、精神感応するケガレがありこれはとても厄介です。落ち込んだり、寂しくなったり、イライラしたり、怒りがこみ上げてきたり、卑しくなってものが食べたい飲みたいとか、その極みは死にたくなったりすることもあります。この場合は外部からの何らかの影響でこうなったとは気づきませんので、そのままやり過ごすことになります。
おかしいと気がつけばそんな折は取り敢えず御行(お祈り)をすることです。何時もお祈りしている方なら、お祈りの精神状態の違いを感じて自分の感情でないことを知ることが出来ます。そして、そのような気分になる前に話した人や起こったことなどを思い浮かべて行くと、関係があるところで何らかの反応があります。精神感応した対象が判明すると急に自分の心境が正常に戻っていき、これが原因だったと確信できます。今までが嘘のように気持ちが変わりますので祓った人も祓われた人も共に感じるものです。

祈願では祓戸大神にお願いするのですが神主の気とそこに降臨する神気によって祓われます。神気を降臨する能力を鎮魂力と言い、人の魂の働きによって神様(神気)をお呼びすることが出来のです。その魂の働きを強める為に禊ぎ潔斎と言われるお祓いが重要視されます。
※古事記の三貴子(天照大御神・月読命・須佐之男命)の出現は禊ぎの最終で行われており、最も尊い神が禊ぎで最も清まった極みに出現されています。人の神性顕現は清めに清まって起こることを伝えており、人生の意義が語られているとされています。人は神の子孫であり、神と同質の直日という御魂を授けられているとする。〈古神道の口伝〉

また同時に祓詞や大祓詞祝詞の言霊の力、それと太鼓や鈴、拍手などの音霊の作用もあります。
ご自分で祈っても同じように祓われるのですが、自分では穢れと同期しているので取れにくいことがあり、人から祓ってもらう方が効果的なことが多いものです。
それと気分転化をするとその瞬間に落ちるようにケガレが取れることがあります。それは同調してチャンネルがあっていたのが切り替わるような感じです。また眠りや精神統一も同じように瞬時に変わることがあります。
とりわけ鎮魂と言われる神道の深い統一状態においてはその変わり様は驚くほどです。
このケガレは人の想念から作り出され、積み重なり同質の物が集合を繰り返し、巨大になっていくとされています。そして家のケガレとして先祖から子孫に継承されたり、土地のケガレとして残っていったり、組織や団体に関わって存在するもの、また国家と言う単位でもケガレとされるものがあるとしています。このケガレが溜まると個人レベルでは病気、事故、争い事や様々な不幸な事が起こるとされています。その原因がケガレというわけです。
大きく国家や社会レベルではケガレの蓄積によって気象異常天変地異が起こり、世が乱れて紛争が絶えないことになるとされています。古来の大祓は国として平安である為に天皇様から政治家官僚、国民の末々に至るまで祓いをするとされてきたのです。今、日本の国の様を見れば、異常気象と地震や火山活動のいわゆる天変地異が続き、隣国の中国、韓国、北朝鮮などの紛争の火種の中に居り一触即発の一歩手前という感じです。
このような時の気象異常天変地異は神々=自然のケガレを祓おうと自浄作用であり、警告でもあります。
国家レベルの大祓には天皇様の祈りに心合わせる国民の祈りが必要になります。江戸から明治そして戦後とを比べると、人々はどれ程神仏先祖に対する崇敬心を失ったことでしょうか。家庭には氏神様、釜戸の神様、井戸の神様、ご先祖を祀り、辻々にも地の神様、お地蔵様、庚申様などを祀っていました。そして、何をしようとも、どこへ行こうともまず祈ることから始めておりました。
神々からこの世を任されているのが皇孫である天皇様であります。天皇様からこの世のことをお任せ頂いているのが総理大臣以下すべての国民というのが日本的な霊性から見る社会観です。
それゆえ、長(おさ)司人(つかさびと)と呼ばれる政治家、官僚、経営者らは無私につながる公正さを自他共に必要な事としてきました。天地神明に奉仕し、世間様に無私に奉仕する心根が神霊を動かす唯一の力です。人々に神霊を動かすほどの真心が求められている時であります。
「 天に代わって政道を正す」。残念ながら、もう時代劇でさえ聞かないフレーズです。
天に任して地に頼る、天地と共に生きて生かされる。随神の道は宇宙不変の法則に連なる真理の道。古来日本人はこの道に連ならんと祖霊を祀り、天地を祀ってきたのです。神社ブームを超えて真にかんながらの道の復興を願います。
「神道は祓へに始まり祓へに終わる」まずは自らのお祓いからですね。

目の前に起こる様々な出来事は


○ 髙宮八幡宮様には大変御世話になっております。日々のお祈りを大切に重ねる毎に、神様からのお教えを強く強く頂いていると感じるようになって参りました。
不思議なことに仕事上のことは物事が思いもかけず良い方へ良い方へと向かい、会社の中では日に日にそれぞれが個性を発揮して頑張っている姿が感じられるようになりました。また健康に関することにも不思議な力が働き助けられております。

目の前に起こる様々な出来事は良いも悪いもすべて意味を持って現れていると言うことに気付かせて頂きました。何故このような悪い事が起きたのだろうかと思うのではなく、どうしたらこの難局を乗り越えられるのか、また将来に起こるだろう出来事に神様が早めの準備を設けて下さったのだと考えられるようになりました。
そうしますと日常の諸般の出来事を柔軟に心が受け止められるようにも成りました。ご先祖様あっての今生の私ども、世間様あっての暮らしとを考えると感謝の念でいっぱいです。生かされている日々を大切に過ごすことが何よりでございます。これよりもお祈り致します、どうぞよろしくお願い申し上げます。

国安かれ民安かれ 祭事(まつりごと)・政(まつりごと)


皇室では神代より神事優先を常として来ました。それは祭事(神事)を行い政(政治)に過ち無きを期すと言われています。政治は神々のご照覧の元に行うものとされており、潔斎するという私利私欲を捨て神々=公に準ずる心持ちにて行うものとされてきました。
陛下は常にも国と国民のことを天津神国津神に祈られておられます。そして、陛下の祈りに呼応して国民も同じく祈っているのが日本の国柄です。この君民一体の祈りが日本を「和の国」たらしめており、これが二千年以上続く世界最古の王朝の本質であると拝察しております。

今、西洋から言うところの極東と言われる地域が危機的な状態にあります。日本の置かれた状態は反日国家に囲まれ、脅しすかされている様であり、江戸時代に結ばされた不平等条約を再度結ばされるのか、やがて国土が分断されて他国の統治下に置かれるのではないのか危惧されます。
そんな最中、日本は自国を防衛することが不可能な状態です。日本神話の中で、天照大御神は須佐之男命が荒ぶりながら高天の原にやってくる時武装して迎えられています。「目には目を歯には歯を」とする西洋と違う、「和の国」の神々の世界でさえ抑止力としての武装は行われております。
秩序を保ち品格を維持するにも必要なことすべき事はあります。その上でこそ「和の国」の品格は保つことが出来る。有色人種唯一の独立国を維持してきた日本人の品格を守ることが天壌無窮の神勅を守り継承する所以と思われる。

神道の真髄は神霊とのつながり


◎ 師や先達を通じて心境が進み、志が堅固になって神に正見出来たなら、神直接の教えを受け取りなさい。人の濁れる知恵などに依らずに…。

何も心配なさるな。人は神授の直日霊を受けており、直日霊に解らぬものなどはない。随神の正道は人の真心浄心に託すのみ。

◎ 日本が世界に誇るべき一番の精神性、世界の行き着く先の唯一の希望となる道(教え)。それがこの日本文化、神道の心髄としてあるかんながらの道、古道と言われるものだと思っています。
世界中には多くの信仰の書や精神世界の本などありますが、人の本質である直日霊について触れた文章はほとんどありません。この直日霊の突き動かしにより「和の国」と言い、「和を以て貴しと為す。」とした日本人。「人種差別撤廃」を説き「植民地解放」を導いた日本人。今、日本人はこの道を継承しなくてはならぬ使命があると思っています。

「自灯明、法灯明」


「自灯明、法灯明」
お釈迦様の入滅される前に弟子に示された最後の教えだといわれる、「自灯明、法灯明」と言う言葉があります。
その解説は「釈尊の死が間近であったときに、師が亡くなったら、何に頼ればよいのかと嘆く弟子のアーナンダに対して諭された言葉である。釈尊はアーナンダの問いに答えて、私や他者に頼ってはならない。自己とダルマ(理法)を拠りどころとせよと釈尊は説かれた。」とあります。

「自灯明、法灯明」を無粋にも直日霊を中心に私見を申し上げますと、自灯明は自己を滅し、自己の本質に帰ることであり、直日霊に成りきれと言うことになります。人の本質が神であることを前提として、人は神と共にこの世の生成化育に寄与することとされます。
法灯明とは宇宙の大法である天御中主神の生成化育の経綸に違わず生きて行くことです。宇宙、自然、人はすべて神の内分にあり、人は神より直日霊を頂く万物の霊長の使命を有しています。
さらに言い換えますと自灯明は自己の神性に目覚めその神性を拠り所とし、それを師とすることです。法灯明は神々の経綸を拠り所とせよと解されます。神々を自然を師とすることです。その状態その有り様を古く日本では随神=かんながら、または古道と呼んでいます。