1. HOME
  2. ブログ
  3. 水無月、月半の御祭

水無月、月半の御祭

水無月、月半の御祭

「海の水のチカラ」
早くも一年の半分が過ぎようとしています。
今日の宮司のお話は、海の水の力について、でした。
海に行ったら、砂浜を歩き、海水に手足をつけてみましょう。
ペットボトル、できればタンクに海水を汲み、お風呂にコップ一杯入れます。
朝、顔を海水で洗うのも良い。
特に冬は、皮膚が変わった感じ、効果がよくわかるでしょう。

満潮と干潮の間の砂に穴を開けて、砂の中に潜るのは、なお良しです。
昔、九州場所の時、解毒のため、力士が、百道浜に穴を開けで首まで潜っていたそうです。
全身の毛穴から、毒素が抜けていきます。
終わったら、お湯に入り、さらに毒素を抜きます。

炭、木炭、塩、麻ひもにも似た効果があります。
頭が痛い時に、麻ひもを頭に巻いたらスーッと痛みが取れた、ということもあります。

昔の人は、こういう時にはこうすれば良い、というようなケースバイケースを知っていたのです。

夏祭りにはヒトガタを神社に納める行事も、同じ効果です。

関連記事