1. HOME
  2. ブログ
  3. 大祓(おおはらへ) 瑞穂の国の祭

大祓(おおはらへ) 瑞穂の国の祭

大祓で無病息災、開運招福、事業繁栄をお祈りしましょう。

大祓は夏越しの祓へとも言われ、当社でも獅子祭と一緒に連綿と行われています。
御境内で大祓のヒトガタと茅輪くぐりで祓い清めて無病息災、世の平安を祈り、次に神社近くのご町内を獅子御輿と共に廻ります。

江戸時代から三百年ほど続く、獅子祭などを高宮の伝統として保存育成したいという意見があります。
この獅子祭は昭和三十年代まで中央区にある高宮小学校まで練り歩いていましたが、今では、当時を知る人は地元にも少なくなりました。また、高宮の地名の由来が神功皇后が高神をお祀りになったとする古老の話なども伝えられなくなっています。
今だからこそ、コミュニティの拠り所になってきた伝統を守り、日本人の精神性や感性を子孫に継承していきたいと思います。
伝統行事にご家族でご参加下さい。

伝統文化育成にご参加賛同される方を募っております。
(高宮伝統文化振興会)

大祓・獅子祭 7月19(土)午後3時  ヒトガタの祓い・茅の輪くぐり

水無月(みなづき)の 夏(な)越(ごし)の祓い する人は
千歳(ちとせ)の命(いのち) 延(のぶ)と言うなり

関連記事