1. HOME
  2. ブログ
  3. 産土の神と厄払い・家内安全

産土の神と厄払い・家内安全

古来より厄年は人生の節目、災難や障りが身に降りかかりやすい年と忌み慎む習わしがあります。数え年で、男は25才・42才・61才、女は19才・33才・37才が特に『大厄』とされ、その前後を『前厄・後厄』と言います。これらの歳は身体的にも、社会的にも、人生の大きな山を越える大切な時期です。
産土神は土地に命を与え、人の生き死にをはじめすべての生活をお守り戴く神様です。厄年や不安や不幸災難がある時は、産土神にご加護を戴いて厄難が身に降りかからないように、神社にお参りして厄祓いをします。

世の中は大きな変革期です。ご家族皆様で家内安全を神に祈り、安心清浄にお過ごし下さい。

 

 

 

 

 

 

関連記事