1. HOME
  2. ブログ
  3. 不安と危機

不安と危機

昨秋より世界規模の経済危機で社会不安が広がっています。失業と雇用、消費の低迷、経済指標、経済政策…、世間は不安で満たされています。人の不安はさらに危機を作り呼び込みます。
こんな時こそ、困ったときの神頼みではありませんが、神社や神棚にお参りして日頃無事であることの御礼を始め、あらゆる事をお願いしてください。何度も何度もお参りして、心が落ちつき安心感が広がるまでお祈りしてください。
信じて疑うことのない者には不安はありません。人は産土の神から生まれ、そして神に見守られている事に、感謝してお任せしておけば自ずと道は開けるものです。

 国内が貧しかった少し前までは「お天道様と米の飯はついて廻る」と言って、生活に不安を抱えた人々は互いに励まし合いました。この言葉は、神の恵み自然の恵みは、必ず私たちを見守り活かしてくれるという信仰の言葉です。
神を見失った現代人は生きることに深い不安と悲しみを持っております。どうか、今の世の不安を祓えるように、多くの人に産土神の御神徳をお伝えいただき、共にお祈りいたしましょう。

関連記事