1. HOME
  2. ブログ
  3. 高宮八幡宮様へ

高宮八幡宮様へ

  昨年七月、16才の長女にくだされた宣告は「卵巣ガン」でした。「中期から末期に入るところですね」と目を合わさず語る医者の口調が冷たく突き刺さりました。しかも、手術まで1ヶ月待たされると…。あまりのことにそれ以外の当事の記憶はありません。それからは気が付けば髙宮八幡宮で祈る自分がおりました。そして、奇蹟が始まりました。
 1ヶ月以上先と言われた手術が急なキャンセルが出た為、即入院翌日手術となりました。入院してみたら主治医が優しいまなざしの先生に代わり、助手の医師が娘が希望していた女性医師になっていたのです。手術が終わってみると、末期だと言われたガンがまったく転移も無く綺麗に切除できたのです。親指大であるはずの卵巣が直径17センチにもなっていたにも関わらず、もう片方の卵巣と子宮は異常がなく残せました。
 主治医の先生も「奇蹟でした」と心から喜んでくださいました。そしてさらなる奇蹟が…。心より感謝信頼している先生は16年前、大分の田舎の病院で娘本人を取り上げてくださった産婦人科の先生でした。七月九日を娘の誕生日と決めて下さった先生。娘がこの世で初めて触れた手が先生の手であり、その手が再び娘の命をこの世に留めて下さったのです。
 そのことを髙宮八幡宮の神様にご報告し御礼申し上げた時、私は初めて思いっきり泣くことが出来ました。今、長女は元気に自転車をこぎ学校に通っております。

もう一つの奇蹟

 娘の治療も順調に進み、昨年11月に神様に御礼を兼ねて家祓いのお祭りをお願いしました。お祭りが終わって宮司より「娘さんは完治されましたね。」と言われ感激し嬉しくなりました。それで、単身赴任6年目になります主人は日頃は弱音を吐かないのに、昨年1年間は心労のせいで絶えず家族の元に帰りたがっておりましたので、主人についてお尋ねしました。「ご主人は節分を過ぎるまで大変でしょう。」とおしゃいました。
 そしたらなんと、主人は節分過ぎに「福岡転勤の内定」をいただき四月から家族の元に帰れるようになりました。(実はありえない、移動なのです。)
 髙宮八幡宮の神様のお導きとお蔭に心より感謝申し上げます。

関連記事